友と、肴と、紹興酒
今、部屋に友達が来ておりました。
私が食中毒のとき、部屋のドアノブにそっと差し入れを掛けておいてくれるような、
今時めずらしい本当にいい奴です。
ここ数年、想い返せば。
変に個人主義だの、プライベートだの、依存しない関係だの、
意識してしまって逆に人間が冷たくなってしまいがち。
人への好意は素直に出すだけでいいんですよねぇ。ほんとに。

そんな友達と、先日紹介した漬物たちと紹興酒をつまみつつ、喋っていたらもうこんな時間。
つくづく元社会人じゃなくなってますが・・・
こういう時間を過ごせるのもあと少し。大切にします。

・・・あ!しまった!体調悪かったんだった!
[PR]
by tomytomy704 | 2004-12-17 04:14 | ほっ。


<< 心の、栄養、日本食 とうとう、入手だ、MEMORYMAN >>