教え子、才能、垣間見る
今日の未明、以前受け持っていた生徒から何とまあ遅いチャットの誘いが。
びっくりして話をすると、何と小説を書き上げたとのこと。
確かに書いているという話は聞いたけど、本当に完成させるとは・・。
早速ファイルを受け取って読ませてもらいました。

やっぱりプロより荒削りというか、内容に偏った部分が大きいけど、
思ってたより遥かにいい出来で、かなり感動。
そして、約1400字詰めを132ページとは、凄い!
成し遂げたことが大きな功績のように思います。

聞けばコンテストに応募するそうで。
いい評価がもらえれば、もっといいんですけどね。
楽しみです。
[PR]
by tomytomy704 | 2005-04-04 19:58 | 嬉しい。


<< 同屋、まさかの、大ピンチ まさか、びっくり、後輩が >>